言語聴覚士の転職活動を始める時期は?【結論:今すぐ開始せよ】

「転職活動っていつから始めたらいいのかな?成功しやすい時期があるなら教えてほしい」

こういった疑問にこたえます。

この記事の内容

  • 言語聴覚士の転職活動を始める最適時期
  • 金銭・キャリア面から考える転職時期
  • スムーズに転職活動を進める方法

言語聴覚士の転職活動を始めるのに適した時期はいつだろう?って気になりますよね。

希望に合う求人情報を見つけやすい時期はあるのか?転職を成功させやすい時期はいつなのか?

この記事では、『言語聴覚士が転職活動を始めるのに最適な時期』をテーマに解説します。

結論からいうと、求人情報の収集は『今すぐ』始めるべき。善は急げですね。

なぜ、今すぐ始めるべきなのでしょうか?1か月後じゃダメなんでしょうか?

言語聴覚士の転職活動を始める時期は?【結論:今すぐ開始せよ】

結論、言語聴覚士の転職活動を始めるべき時期は『今すぐ』です。

理由は以下の2つ。

  • 早めの開始でスケジュールに余裕ができる
  • 求人情報は常に出ている

早めの開始でスケジュールに余裕ができる

転職活動を早めに始めることができれば、スケジュールに余裕ができます。

満足できる転職に成功するためには、自分の希望に合った職場との出会いが大切。

そのためには、求人情報の収集にしっかりと時間をかけられるようにすべきです。

求人情報の収集は『今すぐ』にでも始めましょう。

求人情報は常に出ている

言語聴覚士の求人は年間通して出ています。とはいえ、求人が増える時期があるのも事実。

多くの求人情報から転職先を選びたいという人は、8~10月または2~3月に探してみると良いかもしれません。

しかし、求人が多い時期に自分の希望に合う求人が出るわけでもないので、上記の時期に限らず定期的にチェックするのが大切です。

言語聴覚士の転職スケジュール【時間をかけるべき時期は?】

言語聴覚士の転職活動のスケジュールは以下の流れが一般的です。

  1. 自己分析・求人情報の収集
  2. 履歴書作成・面接対策
  3. 応募・面接
  4. 結果待ち
  5. 退職準備
  6. 退職・入社

この中で、時間をかけるべき時期は『求人情報の収集』『履歴書作成・面接対策』

特に、自分に合った職場を見つけるためには、求人情報の収集はしっかりとやることをオススメします。

何事も焦って決めると良いことはありません。
十分に考える時間を確保するためにも、求人情報の収集は今すぐにでも始めましょう。

求人情報の収集のために、まずすべきことは転職エージェントへの登録。

転職エージェント(PT・OT・ST WORKERなど)に登録しておけば、何もしなくても待っているだけで自分の希望に近い求人を届けてくれます。

まずは、登録だけでもしてしまいましょう。
仕事が忙しい人は特に。

転職エージェントは無料で利用できるので、利用しない手はありませんよ。

》【驚き】無料で転職エージェントを利用できる本当の理由【療法士は登録すべき!】

【金銭面】言語聴覚士の転職に最適な時期は?

言語聴覚士が転職する時に、金銭面から考える最適な時期は以下です。

  • ボーナスをもらってから転職
  • 退職金をもらってから転職

ボーナスをもらってから転職

満額なのか、減額支給なのかは勤務先の就業規則によって変わりますが、もらえるならボーナスをもらってから辞めたいですよね。

とはいえ、なにがなんでもボーナスをもらってから辞めるぞ!と固執してしまって、転職のタイミングやチャンスを見誤っては本末転倒。

たまたまタイミングが合ってボーナスがもらえたらラッキーくらいに思っておく方が良いかもしれません。

退職金をもらってから転職

退職金は、勤続年数3年以上など、支給には条件がある場合が多いです。

もらえるものなら退職金をもらってから転職したいものですが、退職金支給の権利を得るまで無理して転職時期を延ばすのは現実的ではありません。

退職金に関しても、もらえたらラッキーくらいに考えて、転職の条件を優先すべきだと思います。

【キャリア面】言語聴覚士の転職に最適な時期は?

言語聴覚士が転職する時に、キャリアの面から最適な時期は以下。

  • 引き継ぎが終わってから
  • 経験やスキルが身についてから

引き継ぎが終わってから

転職後のキャリアを考えるなら、今の職場の引き継ぎをしっかりできるように逆算すべきです。

言語聴覚士の世界は狭いですからね。もう辞めてしまう職場だからといって、中途半端な引き継ぎしかしないと評判は下がってしまいます。

引き継ぎは丁寧に行って、次のキャリアに傷を残さないようにしましょう。

経験やスキルが身についてから

何か1つだけでも良いので、あなたが今の職場でスキルが身についたと思ってから転職できると良いと思います。

身についたスキルは、次にどんな職場にうつるとしても、きっと役に立つはず。

とはいえ、あなたが体調を崩すほどブラックな職場なら、経験やスキルなど言ってないですぐに逃げるべきです。

あなたの状況に合わせながら時期を考えましょう。

言語聴覚士の転職時期の例

言語聴覚士の転職時期について、具体例を紹介します。

求人情報の収集は転職エージェントの利用で楽勝

求人情報の収集は転職エージェントを利用すべきです。

働きながらの情報収集はかなり大変。
転職エージェントを利用すれば、最初に希望を伝えておけば、あとは待っているだけで希望に合う求人を届けてくれます。

しかも、利用は無料。
履歴書作成や面接対策までサポートしてくれるので利用しないなんて損です。

》【失敗しない】リハビリ業界の転職エージェントの選び方:ランキング&最大活用のコツ

職場面学は行った方がいい

希望に合う求人が見つかったら、応募する前に職場見学に行くようにしましょう。

求人票や転職エージェントの担当者の印象を聞くことはできますが、実際に働くのはあなた。

自分の目で、働きやすい職場かどうかを確認することをオススメします。

退職の意思は3か月前に伝えるべき

転職先が決まったら、辞める3ヶ月前までには職場に退職届を出しましょう。

本来は退職の申し出から2週間で辞められるのですが、円満に退職したいなら3ヶ月くらい余裕をみると良いです。

3ヶ月あれば、あなたが辞めた後の人材を探す時間が確保できることが主な理由。
加えて、仕事の引き継ぎなどもあるので期間に余裕をもって伝えるべきですね。

まとめ:言語聴覚士の転職活動の開始は早い方が良い

この時期では、言語聴覚士の転職活動の開始時期をテーマに解説しました。

結論、求人情報の収集は今すぐにでも開始すべきです。

というのも、あなたの希望に合った求人に出会えるかは「運」も必要。
求人情報の収集にかけられる時間を十分に確保すべきです。

求人情報の収集は転職エージェント(PT・OT・ST WORKERなど)を利用すれば楽勝です。
登録さえしてしまえば、寝ていても希望に合った求人を届けてくれるわけですから。

職場見学や円満退職のための手続きなど、転職活動には何かと時間を割かれます。

そのため、転職活動は早めに始めるにこしたことはありません。

まずは転職エージェントへの登録から始めてみましょう。

以下は全て無料で利用できるので、最もハードルの低い転職活動の最初の一歩です。

【失敗しない】リハビリ業界の転職エージェントの選び方:ランキング&最大活用のコツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA