ダウン症をもつお子さんの発音不明瞭の原因と支援・練習

ダウン症のお子さんをもつ母親「うちの子、発音が不明瞭で聞き取りづらいけど、どうにかならないだろうか?何が原因でどうやって対応してあげたらいいんだろう。親でもできる具体的な方法があるなら知りたいな」

このような疑問に答えます。

ダウン症をもつお子さんの発音の不明瞭さは、多くの親御さんが心配されています。

ある研究では、ダウン症児の親の90%以上が、子供の発音を心配していたと報告しています(Kumin, 1994)。

ダウン症のお子さんは、発音が不明瞭となりやすい以下の要因のうち、複数をかかえていることが多いです。

  • 聴力障害
  • 顔のつくりの違い
  • 舌運動の未熟さ
  • 認知・言語発達

これらの発音が不明瞭となりやすい要因を知ることで、発音の改善に向けた対応をとることもできると思います。

そのため、本記事では、ダウン症のお子さんの発音不明瞭の要因を解説した後に、発音を育てるためにできる幼児期からの取り組みをご紹介します。

最後までお読みいただき、発音を育てるための関わりを日常の中に取り入れましょう

この記事を書いた人

私は言語聴覚士(ST)という資格で、ダウン症をもつお子さんのことばの発達や発音の改善に向けた取り組みを15年以上おこなっています。その中で得た知識や経験から、ダウン症をもつお子さんたちの発音の不明瞭さの原因と対応について分かりやすく解説します。

発音が不明瞭となりやすい要因

聴力障害

ダウン症のお子さんでは聴力に障害がある場合が少なくありません。

正しい発音の獲得には、しっかり聴こえていることが重要な役割を果たすと考えられています。

そして、ダウン症のお子さんの聴力低下と発音の不明瞭さの間には関連性があることが分かっています(Chapman et al., 2000)。

要するに、耳の聴こえが悪いと、正しい発音を聞く機会が少なくなるため、自身も正しい発音が身につけられないということになります。

聴力に障害が疑われる場合には、補聴器の装用を検討する必要がでてくるため、耳鼻科での診察をうけることをおすすめします。

顔のつくりの違い

ダウン症のお子さんでは、定型発達児とは顔のつくりが異なり、そのつくりの違いは発音に影響を与える可能性があります。

具体的には、顔面の真ん中あたりが低形成であり、口の中の容積が小さいお子さんが多いです。

ダウン症のお子さんは舌が大きいと言われることもありますが、最近の研究では、舌の筋緊張が低く、口の中が狭いため、相対的に舌が大きく見えているだけである場合が多いといわれています。

このような顔のつくりの違いにより、音声の共鳴(声が体の中でひびく感じ)が定型発達児と異なるため、発音の明瞭度が低下することがあるようです。

お子さんによっては、口の中を中心に矯正を行う場合もありますので、必要に応じて歯科にご相談されると良いかもしれません。

舌の運動の未熟さ

ダウン症のお子さんは、舌の運動がゆっくりと育つといわれており、舌が器用に動かないから、発音が不明瞭になっているといった要因があげられます。

たとえば、舌の先を持ち上げることができないと「タ行」の発音はむずかしくなります。

反対に、舌の奥の方を持ち上げることができないと「カ行」の発音はむずかしいです。

このような発音に必要な基本的な舌の動きは、離乳食を食べる時期に発達が進みます

また、舌自体は左右・上下に自在に動いても、発音するための舌の使い方が分かっていない場合もあります。

認知・言語発達

ダウン症のお子さんでは、中等度から重度の知的障害があることが多いといわれています。

そして、ダウン症のお子さんでは非言語的な認知が言語能力よりも良好な発達を示し、ことばの理解力が表現力よりも優れている場合が多いです(Næss et al., 2011)。

さらに、ダウン症のお子さんの中には、聞いた情報を覚えること(ワーキングメモリー)や、文の理解、音韻認識(単語の音を認識・操作する力)の弱さが目立つお子さんも多いようです(Chapman, 2006)。

この中でも特に、聞いた音を正確に把握して、記憶にとどめておくことが苦手である可能性が議論されています(例えばVicari et al., 2004

すなわち、覚えていることばに含まれている音のイメージが曖昧なまま成長している子が多い可能性があるといえるでしょう。

たとえば、覚えている単語でもメガネのことを「めがめ?」「ねがめ?」「げなめ?」と音を曖昧に覚えている場合があります。

発音の不明瞭に対する対応

聴力の確認

正しい発音を獲得するためには、聴力が重要な役割をはたします。

そのため、発音の不明瞭さがある場合には、一度、耳鼻科で聴力検査を受けることをおすすめします。

仮に、聴力に問題がある場合には、補聴器などを検討することで、聴力を保障してから発音改善に向けた次のステップに進むことになります。

おくちの中の構造を確認

発音の多くは、口の中で音をつくります。

そのため、舌が自由に動けるようなスペースを確保することが大切です。

ダウン症のお子さんでも、特に矯正治療をしなくても済むお子さんが多いですが、歯科検診に行ったついでなどに、発音の獲得に影響を与えるような歯並びや顎の特徴などがないか聞いてみると良いと思います。

発音の土台となる力を育てる

ことばの発達を全体的に育てる

どの子もあかちゃんの頃は発音が不明瞭ですが、成長するにしたがって少しずつ明瞭になっていきます。

これは、ことばが発達してくることと関係があるといわれています。

定型発達児の場合でも、4歳前くらいまでは発音が不明瞭なお子さんも多いです。

一般的に言語発達が4歳代まで育つまでは、以下のように間接的な発音の練習をし、4歳代以降になっても発音の誤りが目立つ場合には舌の動かしかたを直接練習する場合もあります。

舌やくちびるの運動を育てる

食事は舌の運動を育てられる大切な時間です。

お子さんの持っている力をしっかり使わせてあげることが大切です。

食べる機能の獲得については、こちらの記事にまとめてあります。個人差も大きいので、お子さんのペースで進めてあげてください。

 

加えて、口元をつかって遊ぶ経験は小さい頃からたくさんしていけると良いです。

シャボン玉や巻き笛、吹き矢、紙風船などは子どもたちからも人気です。

くちびるをすぼませて吹く経験は、くちびるを閉じる筋力の強化にもなります。

さらに、相手の口元に注目したり、真似して口を動かしたり、といった遊びも良いです。

相手の真似をすることで、どこに力をいれたら舌がどう動くのか、といったことを感覚的に学んでいきます。

割れにくい鏡を使うなどして、親子で横に並んでいろいろと口を動かし鏡にうつして真似し合いながら遊ぶのも楽しいですね。

音の認識を育てる

単語がどのような音でできているのか、ということを正確に把握する力です。

最初は、擬音語・擬態語のような音の繰り返しがある単語から始めると良いです。

「わんわん」「ぶーぶ」などの単語は、音が繰り返されるため認識しやすいです。

小さい頃には、たくさんこのような擬音語・擬態語を聞かせてあげてください。

「おもちゃのチャチャチャ」「だいこんはコンコンコン」などの歌遊びも音の認識を助けてくれます。

理解できる単語が増えてきたら、

  1. 単語の中にいくつ音が入っているか(モーラ分解)
  2. 単語の最初の音はなにか?(語頭音抽出)
  3. 単語の最後の音はなにか?(語尾抽出)

と段階的に音の認識を進めていけると良いでしょう。

このあたりの音遊びは、ひらがな習得に関する記事に詳しいのでご参照ください。

しりとりができるくらいに、単語の音の認識がしっかりしてくると、発音も上手になってくるお子さんも多いです。

また、お子さんによっては、ひらがなが読めるようになると、発音が上手になる子もいます。

おそらく、音が耳から(ことば)だけではなく、目から(文字)も情報として入ってくるため、認識が進むのだろうと思います。

発音の直接を練習する

上記のような舌運動や音の認識が上手になってきても、サ行がタ行になっているなど、獲得できていない発音がある場合には、言語聴覚士と一緒に練習する必要があるかもしれません。

発音の練習に関しては、ある程度の専門性とコツが必要になりますので、担当の言語聴覚士にご相談いただけると良いと思います。

まとめ:発音を育てる2つのポイント

ダウン症のお子さんの発音を育てるために大切なことを解説しました。ダウン症のお子さんたちの発音の改善は長期にわたることが報告されています(Wild et al., 2018)。Wild et al.の論文では、16歳くらいまでは改善が認めるとしています。ゆっくりと時間をかけながら気長に育てていきたいものです。

  • 聴力障害→耳鼻科で確認
  • 顔のつくりの違い→歯科で矯正の必要性などを確認
  • 認知・言語発達の遅れ→全体的にことばの発達を促す
  • 舌運動の未熟さ→食べる機能や舌の運動を育てる

これらの中で特に、以下の2つのポイントは家庭で取り組むことで育てることができます。

家庭でもできる!発音を育てるポイント

✓ 舌やくちびるの運動を育てる

✓ 音を認識する力を育てる

この2つのポイントをしっかりと育てていくことが、発音の改善の土台になります。

舌やくちびるの運動を育てるために、おもちゃの中に、吹き矢や紙風船などは楽しみながら取り組めます。

また、毎日の食事でもおくちの機能を高めることができます。

>> ダウン症児の食べる機能の発達についてはこちらの記事

音を認識する力は、発音の改善に加えて、ひらがなの基礎にもなります。具体的な遊びなどは下記の記事の中で紹介していますので、合わせてお読みください。

>> ひらがなの習得に関してはこちらの記事

ぜひ、楽しみながら取り組んでみてください!

ダウン症ページのTOPへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA