言語聴覚士:1年目~3年目で辞めるのはアリ?転職失敗をさける2つのコツ

「まだ3年目未満なんだけど、今の職場を辞めるのはアリ?やっぱり3年以上は働いた方がいいのかな。でも、職場の人間関係に疲れちゃったな。転職するとしたら、失敗しないようなコツがあれば教えてほしい。」

こういった疑問にこたえます。

この記事の内容

  • 3年未満でやめるのも状況次第ではアリ!
  • やめたい理由によっては転職も考えよう
  • 転職を失敗させない【2つのコツ】

この記事を書いた人

Twitter(@hagukumichild

結論からいうと、

「状況次第では、3年未満で転職するのはアリ」

だと思っています。

あなたに合わない職場であれば、なあなあと続けていても良いことはありません。

でも、転職活動ってどのように進めたら良いのか分からない…
そう思った人は、この記事をぜひ読んでみてください。

本記事では、3年未満の言語聴覚士が転職する場合の2つのコツを解説します。

この記事を読み終わるころには、あなたがとるべき行動の第一歩が分かるようになるはずです。

それでは、さっそくお読みください。

言語聴覚士:
新卒~3年で辞めるのはアリ?
【転職失敗をさける2つのコツ】

新卒~3年で転職を考えているあなたは、スキルアップやキャリアップのためというより、今の職場への不満が大きな理由となっているのでは?

新卒~3年で辞めるのも状況によってはアリ!

職場環境などがあなたに合っていないのであれば、転職を検討するのもアリだと思います。

なぜなら、若いうちの方が次の職場は見つかりやすいからです。

なあなあと仕事を続けて年齢だけ重ねるよりは、早めに見切りをつけて無駄な時間を過ごさないようにすることも大切です。

転職失敗をさける2つのコツ

コツ①:今の職場で働きながら転職活動を進める

働きはじめて年数のたっていない時期には、金銭的な余裕がないことが多いと思います。

今の職場からとにかく離れたいとしても、基本的には次の職場が決まるまでは働き続けることをおすすめします。

履歴書に空白期間をつくらない

これは、万が一、転職が失敗しても職を失わなくてすむということもありますが、あなたの履歴書に空白の時期を作らないといった意味でも大切です。

理由のない職歴の空白は、特に年齢が上の人からすると良く思われないこともまだ多いです。

次の採用をスムーズにゲットするためにも、職歴の空白は極力つくらない方が良いでしょう。

コツ②:転職エージェントを利用する

働きながらの転職活動を並行して進めることは負担も大きいです。

例えば、求人情報を集めるだけでも一苦労。

その他に、初めての転職という人は、退職の仕方や転職活動の進め方なども調べないといけないかもしれません。

転職エージェントを利用することで、以下を得ることができます。

  • たくさんの求人情報
  • 転職活動の進め方の助言

これで安心して転職活動を進められますね。

ちなみに、転職サイトは相談だけで登録することも可能です。詳しくは【転職エージェントは相談だけでもOK?相談のコツとおすすめエージェントを紹介】の記事でも解説しているので、参考にしてみてください。

無料で転職エージェントは利用できる

転職エージェントは最初から最後まで全て無料で利用できるので、むしろ登録しないなんて損だと思います。

無料で利用できるので損することはありません。

今すぐ転職しないとしても、求人情報の収集だけでも早くしておくと、いざというときに有利になります。

言語聴覚士の転職に特化したエージェント

  • リハのお仕事:3年未満での転職にオススメ!職場の人間関係などの内部情報を重視した紹介。特に関東で探すなら登録しよう。
  • キャリアナビ:大手ならでは安心感。履歴書や面接の対策も充実。初めての転職の人にオススメ!

>>【療法士におすすめの転職エージェント:ベスト3】

「3年は働いた方が良い」は無難

3年はひとつの目安

「石の上にも三年」ということばがあるように、一定のスキルを身につけるためには、3年くらいは腰を据えて取り組むと良いでしょう。

そのため、あなたが現状にそこまで不満がないのであれば、3年間は働いた方が無難かと思います。

あなた自身の成長にもつながりますし、次の採用面接でも面接官に悪い印象を与える可能性も回避できます。

3年未満でも転職を考える人も多い

しかし、以下の「転職を考えるきっかけ」の②~④に当てはまる場合、3年未満でも転職の可能性について考えることも必要かもしれません。

若手の言語聴覚士が転職を考えるきっかけ

①「仕事がうまくいかない」:最初は当たり前かも?

仕事がうまくいかないことで悩む若手の言語聴覚士は多いです。

しかし、まだ経験年数が少ないあなたが、仕事でうまくいかないことがあることは当たり前だと思いませんか?

仕事が上手くいかないことが原因なら踏ん張ろう

もう少し今の仕事を続けて経験を積むことで、仕事をうまくこなせる日がくるかもしれません。

②「職場の人間関係に悩んでいる」:もっと良い職場があるかも?

職場の人間関係で転職を考える人は、言語聴覚士ではない職種の人でも多いです。

現在の人間関係を良い方向に改善できそうだと思うなら、まずは改善に向けた取り組みをしてみるのも良いと思います。

ただ、人間関係は一度こじれるとなかなか修復が難しかったりします。

人間関係のこじれが原因なら転職もアリ!

そんなときは、思い切って転職してしまうのも手です。

ただ、この業界はせまいので、表面だけでも円満に退職できるように上手く振る舞ってくださいね!

③「今の仕事が楽しくない」:もっと合う分野があるかも?

言語聴覚士には、医療、福祉、教育など、幅広い職域で活躍の場があります。

最初に就職した先が医療で、働いてみたら自分に合わなかったと感じた場合、他の領域で働くことを検討してみてはどうでしょうか?

他の領域への興味が高まったなら転職もアリ!

きっと、あなたが輝ける領域があるはずです。

同期の友人や県士会などのつながりを活かして、他の領域での働き方をリサーチしてみましょう。

④「忙しすぎる」:体がもたないなら急いで転職

仕事が忙しすぎたり、精神的なプレッシャーが高かったりして、あなたの体や心がもちそうにないと感じるのであれば、急いで転職を考えるべきだと思います。

心身に不調が出ているならすぐに転職!

まだ若いあなたが、このような理由で体調を崩す必要はありません。

あなたのペースに合った職場は必ずあります。

あなたが心身ともに健康に働けることが何よりも大切です。

言語聴覚士として輝くための転職

なあなあと今の仕事を続けないために

3年未満でも「転職したい」と考える言語聴覚士は一定数います。

しかし、多くの場合には実際の転職活動に行動をうつす人は少数です。

ふんぎりがつかなかったり、転職活動の始め方がわからないといった理由が多いように思います。

大切なのは「今」動きだせるかどうか

あなたが本気で転職を考え始めているなら、早めに行動にうつすことをオススメします。

3年未満の言語聴覚士はまだ若く、可能性にあふれており、採用側としては欲しい人材です。

しかも、新卒とちがって、電話対応などの社会人としての基本はすでに身についています。

そのため、現場で受け入れる先輩たちの負担も軽減します。

要するに、「3年目未満」ということが武器になることだってあります。

周りが転職に向けて動き始める前に、あなたが行動にうつすことで、

他の3年目未満のライバルから一歩リードできるでしょう。

何からすべきか?

とはいえ、何から転職活動を始めて良いのか悩みますよね。

繰り返しになりますが、転職エージェントの利用は、あなたの転職活動を強力にサポートしてくれます。

転職エージェントを利用することで、求人情報の収集、見学や面接の予約、履歴書や面接対策など、転職に関連することを一通り手伝ってくれます。

しかも、これらの全てを無料で利用できなんて、登録しない手はありません。

転職エージェントへの登録が最初の一歩

転職エージェントへの登録は簡単。以下のリンクから公式サイトに移動して、いくつかの質問に答えるだけです。

あなたが言語聴覚士として輝いて働ける日々が手に入るはず!

転職を考えているなら、今すぐに登録して最初の一歩を踏み出しましょう。

ちなみに、転職サイトは相談だけで登録することも可能です。詳しくは【転職エージェントは相談だけでもOK?相談のコツとおすすめエージェントを紹介】の記事でも解説しているので、参考にしてみてください。

無料で全てのサービスを利用できるため、損することはありません。

言語聴覚士の転職に特化したエージェント

転職サイトは2社以上に登録しておくのが一般的です。 詳しくは【転職エージェントは複数登録するべき:メリット&注意点】で、複数登録のメリットと注意点を解説していますので、併せてお読みください。

  • リハのお仕事:3年未満での転職にオススメ!職場の人間関係などの内部情報を重視した紹介。特に関東で探すなら登録しよう。
  • キャリアナビ:大手ならでは安心感。履歴書や面接の対策も充実。初めての転職にオススメ!

>>【言語聴覚士におすすめの転職サイト:ベスト3】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA