【テンプレ】魅力的なリード文の書き方を紹介【5ステップで簡単に書ける】

「リード文って何だろう?重要って聞いたけど理由が知りたいな。ブログ初心者でも簡単に書けるようなコツがあるなら教えてほしい」

こういった悩みにこたえます。

この記事の内容

  • リード文が重要である3つの理由を解説!
  • リード文で重視すべきポイントを3つ紹介
  • 誰でも簡単に書けるリード文の型を伝授

この記事を書いた人

この記事を書いた人
Twitter(@hagukumichild

この記事を書いている僕は、ブログ歴が1年未満で月2~3万円を稼ぐことができています。

ブログ記事の冒頭に書くリード文って、どうやって書いたらいいのか悩みますよね。実際に僕も最初は悩んで試行錯誤していました。

でも、この記事で紹介する『リード文の型』を意識するようになってからは、スムーズに伝わりやすいリード文を作れるようになりました。

この記事では『リード文が重要な理由と作成時に重視すべきポイント』を解説した後で、『リード文の型』をお伝えします。

読み終えることで、悩むことなく魅力的なリード文を作れるようになりますよ!

それでは、さっそくお読みください。

リード文とは?実はライティングの要!

リード文とは、ブログ記事の冒頭にある文章のことです。

目次や一番最初のh2見出しの前に書かれている文章ですね。この記事では以下の部分です。

リード文の例

リード文には以下のようなことが書いてあることが多いです。

  • 読者の悩み
  • 記事内容の要約
  • 著者の情報

リード文は『ライティングの要』といわれることも多いです。

なぜなら、読者に記事の内容を素早く伝えて、本文まで読者を連れて行くような役割を担っているからです。

リード文がテキトーに書かれていると、そもそも本文まで読者が読み進めてくれません。

リード文が重要な理由:テキトーだと記事が読まれない

リード文が重要な理由は以下の3つです。

理由

①:読者が本文を読むかどうかの判断材料

②:GoogleのSEO対策としても重要

③:メタ・ディスクリプションになることがある

理由①:読者が本文を読むかどうかの判断材料

リード文は読者が本文を読んでくれるかどうかの判断材料として重要です。

なぜなら、ブログ記事は最初から最後まで読まれることが少ないのですが、リード文だけはほぼすべての読者が読むからです。

たとえば、あなたが探している情報がリード文を読んで得られそうにないと判断したら、ページを閉じて他の記事を探しにいきますよね?

リード文では読者が抱える悩みを解決できる根拠を示すことで『読む価値がある記事だよ』ということをハッキリと伝えることが大切です。

理由②:GoogleのSEO対策としても重要

リード文がしっかりしていることで本文まで読んでもらえるとSEO対策としてもプラスになります。

読者のページ滞在時間が伸び、関連記事を読んでもらえる確率も上がることがSEO対策にプラスの理由です。

たとえば、リード文で『読む価値がある』と判断した記事はすぐに離脱する可能性が低くなりますよね?

リード文以降に読み進めてもらえること自体が、SEO効果をもたらしくれるというわけです。

理由③:メタ・ディスクリプションになることがある

メタ・ディスクリプション

リード文のパートに書かれた内容が『メタ・ディスクリプション』として表示される場合があります。

メタ・ディスクリプションとは、検索結果のタイトルの下に記載されている記事の内容を簡単にまとめた文章です。

リード文がテキトーに書かれていると、テキトーなメタ・ディスクリプションが検索結果に表示されてしまって、読者がクリックして訪れてくれなくなってしまいます。

そのため、リード文の文書は全て気合を入れて書いた方が良いです!

リード文の書き方:重視すべき3つの視点

リード文は以下の3つの視点を重視して書くべきです。

重要な視点

①:読者の検索意図を明確にする

②:読むことで得られるメリット

③:読者から共感を得る

視点①:読者の検索意図を明確にする

読者がどのような意図・悩みをもって記事に訪れるのかを想像することが大切です。

なぜなら、検索意図にこたえる形で記事の内容を構成するべきだからです。

知りたかった内容が本文中に書かれているということを読者に伝えましょう。

「あなたが書きたいこと」ではなく、『読者が知りたいこと』を書くことが基本です!

視点②:読むことで得られるメリット

記事を読むことで、読者にどのようなメリットがあるのかをきちんと伝えましょう。

読者は自分にメリットがないと記事を読み進めません。

ネット上で記事を読む目的は、何かしらの情報を得ることである場合が多いと思います。

記事の内容を簡潔にまとめて、『こんな内容が分かりますよ!』ということを具体的に記載しましょう。

視点③:読者から共感を得る

なんだかんだいって『共感』を得られる記事は強いです。

「この記事、私に関係ある!」と思わせることが重要です。

あなたが実際に悩んだ内容を含ませるなど、読者が「この記事の著者、私と気が合うな」と感じてもらえるようなリード文が書ければ、本文まで読んでもらえる可能性が上がります。

リード文は型に当てはめれば簡単に書ける

リード文は型に当てはめてしまえば簡単に書くことができます。

リード文の型

①:読者の悩みを言語化

②:記事の内容のまとめ

③:記事の信頼性

④:読むことのメリット

⑤:読んだ後の未来

ステップ①:読者の悩みを言語化

読者の悩み

まず、読者の悩みを言語化しましょう。「どんな人が」「どんな悩みで」記事に訪れたのかが分かるように書くと良いと思います。

ステップ②:記事の内容のまとめ

記事のまとめ

最初に記事のまとめを示しましょう。箇条書きにすることで、読者がパッと見てどんな記事なのかが分かるようにすると良いと思います。

ステップ③:記事の信頼性

「この記事を信じて大丈夫」という根拠を示しましょう。著者の情報を入れることが多いです。

ステップ④:読むことのメリット

読むメリット

記事を読むことで読者が得られるメリットを具体的に示しましょう。魅力的なメリットを示せるかどうかが勝負です。

ステップ⑤:読んだ後の未来

記事を読むことで一番最初に言語化した読者の悩みが解決された姿を描写しましょう。

こんな感じでリード文を型に当てはめることで、慣れてしまえばスラスラと魅力的なリード文をかけるようになりますよ。

実はリード文ができれば本文の構成は完成している

リード文を書くためには以下の2つが明確になっている必要があります。

リード文で明確化

①:どんな人に向けて書くのか

②:どんな悩みを解決するのか

この2つを丁寧に説明することこそがブログの役割だと思っています。

この記事だったら『リード文の書き方に悩むブログ初心者に向けて、リード文を簡単に分かりやすく書く方法を伝える』のがミッションですね。

リード文で示した『軸』からぶれないように本文を書いていきましょう!

きっと素晴らしい記事が出来上がるはずです!

まとめ:リード文でブログにクギ付けにしよう!

この記事では『リード文の書き方』をテーマに、『リード文の型』を紹介しました。

ここまでをまとめます。

  • リード文がテキトーだと本文が読まれない
  • 3つの視点を含めたリード文は魅力的
  • 型に当てはめればリード文は簡単に書ける

こんな感じです。

リード文を丁寧に書くことで、読者をあなたのブログの本文に誘導することができます。

僕の場合は、本文を書き終えた後でリード文を書くことが多いです。

なぜなら、「誰の・どんな悩みを解決するのか」ということが、本文を書き終えることで明確になるからです。

ブログ初心者のうちは、どのように書けば良いのか迷いやすい部分かと思いますので、ぜひ本記事で紹介した型を意識してリード文を書いてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA