講演資料(有料note)

ことばを育む「おうち療育」:まだ話せない子への関わりのコツ

「なかなか言葉で話せるようにならなくて心配。でも、どうやって言葉を育ててあげたらいいのか分からない。生活の中で取り組める方法を知りたいな」

こういった悩みにこたえる記事です。

目次

  • ことばで話せるまでの発達【3ステップ】
  • ステップ①:事物の基礎的な概念
  • ステップ②:言語理解の発達
  • ステップ③:話し言葉の発達
  • ミニカーを例にした3ステップの実践方法
  • まとめ:ことばを育む おうち療育

ことばで話せるようになるためには、「事物の基礎的な概念」を理解して「言語理解」が発達する必要があります。

事物の基礎的な概念とは何か?どうやって育てていけば良いのか?

noteに移動して読む

単語でしか話せない子から2語文を引き出す関わりのコツ

「ようやく単語で話し始めたけど、2語文で話せるようになるにはどんな関わりが必要なのかな?生活の中で取り組める方法を知りたい」

こういった悩みにこたえる記事です。

目次

  • 2語文に大切な2つのポイント
  • 語彙の拡大
  • 聞いた情報を覚える力
  • ことばを育む関わりのコツ
  • まとめ:単語から2語文へとつなげる

2語文を獲得するためには「語彙の拡大」「聞いた情報を覚える力」が発達する必要があります。

どのような語彙が増える必要があるのか?聞いた情報を覚える力とは?

noteに移動して読む

発音が不明瞭な子 | 正しい発音を獲得するためのポイント2つ

「子どもの発音が不明瞭で聞き取りにくい。いつまでも発音がはっきりしなくて心配だな」

こういった悩みにこたえる記事です。

目次

  • 獲得される発音の順番
  • 正しい発音を獲得するための前提
  • 発音の獲得に必要な2つのポイント
  • 正確に音を認識する力の発達
  • 舌を器用に動かせるようになるための練習
  • 未熟な発音への対応の基本
  • まとめ:発音の育て方

正しい発音を獲得するためには、「正確に音を認識する力」と「舌を器用に動かす力」の両方が必要です。

これらの力を伸ばすための関わりとは?自宅でできる練習方法はあるのか?

noteに移動して読む

お友達と遊べるようになるために:発達段階に合わせた関わり方のコツ

「ひとり遊びばかりで、お友達と遊べない。ルールを守って遊べなくて心配。どうやって関わってあげたらいいの?」

こういった疑問にこたえる記事です。

目次

  • 遊びの発達段階(バーデンの分類)
  • ひとり遊びからの脱却
  • 傍観遊びの促し方
  • 並行遊びの促し方
  • 連合遊びの促し方
  • 協同遊びの促し方
  • 遊びの発達を促す時の考え方
  • まとめ:発達に合わせた関わりが大切

遊びの発達には順番があり、それぞれの発達段階をしっかり経験させていくことが大切です。

ひとり遊びばかりの子がお友達に興味を示すために必要な関わりとは?遊びの発達を促す時の基本的な考えとは?

noteに移動して読む