【重要】子どものことばの発達に大切な3つの側面【車に例えて解説】

うちの子、なかなか話せるようにならなくて心配だわ。ことばってどうやって発達するんだろう?発達の原則みたいなものがあるなら教えてほしいな。

こういった疑問にこたえます。

この記事の内容

  • ことばの発達の3つの側面を解説!
  • ことばの発達を促す関わりのコツを紹介
  • ことばの発達に関するよくある質問

この記事を書いた人

Twitter(@hagukumichild

この記事を書いている僕は、言語聴覚士として「ことばの発達がゆっくりな子」たちへの言語・コミュニケーション指導を行っています。その知識と経験から、分かりやすく解説していきますね。

周りのお子さんと比べて、話しはじめが遅れると心配になりますよね。

実は、ことばって「言えることば」だけに注目するのではなく、その背景にある「分かることば」「伝えたい気持ち」を丁寧に育てることが必要なんです。

なぜなら、「分かることば→言えることば」といった発達の順番があり、「伝えたい気持ち」がなければ力はあっても日常で発揮されないから。

この記事では、ことばの発達の3つの側面について、クルマに例えながら分かりやすく解説していきます。

記事を読み終えると、ことばの発達を促すために、お子さんに必要な関わりが見えてくると思います。

それでは、さっそくお読みください。

ことばの発達の3側面【車にたとえて解説】

ことばの発達を考える時には、「ことば」を3つの側面に分けて考えることが大切です。

  • 言えることば(Speech)
  • 分かることば(Language)
  • 伝えたい気持ち(Communication)

少し分かりにくいと思うので、もう少し身近なものに例えてみましょう。

ことばの発達の3側面をクルマに例えるとこうなります。

Instagram(@hagukumi_child
  • 車が動く = 言えることば
  • 車の中のガソリン = 分かることば
  • 車のアクセル = 伝えたい気持ち

お子さんのことばの発達を心配する時、「言えることば」に注目することが多いですよね。

でも、車を動かすためにはガソリンが必要なように、ことばを「言う」ためには「分かることば」が増えてくる必要があります。

そして、ガソリンを入れてもアクセルを踏まないと車は動かないように、「伝えたい気持ち」を十分に育ててあげる必要もあります。

「分かることば」と「伝えたい気持ち」を育てることで「言えることば」が増えてきます。

『分かることば』を育てるコツ【まずはガソリンを入れよう】

ことばを話せるようになるためには、『分かることば』が増える必要があります。

なぜなら、車に例えると「ガソリン(分かることば)」がないと「動けない(話せない)」からです。

ここで紹介する『分かることばを増やすコツ』は以下の2つです。

分かることばを増やすコツ

①:子どもが見ているものに声かけ

②:ジェスチャーを使って関わる

③:擬音語・擬態語で関わる

コツ①:子どもが見ているものへ声かけをしよう

『子どもが見ているものへ声かけをする』ことは、「分かることば」を増やすために大切です。

なぜなら、相手と同じものに注意を向ける(共同注意)という文脈の中で、子どもはことばを効率的に学習するからです。

例えば、母親と子どもが一緒にミニカーを見ている文脈で、「車だね、ブーン」と母親が言うのを聞いて、子どもは“タイヤのある乗物”と「くるま」という語彙を結び付けていきます。

しかし、子どもがブロックを見ている時に、母親がミニカーを見て「車、ブーン」と言うように、共同注意が上手く成立しないと子どもはブロックのことを「くるま」と学習してしまうかもしれないですよね。

共同注意をたくさん経験させてあげるコツは、子どもが見ているものに対して声かけをすることです。

もともと子どもが見ているものへ大人が注意を向けることで、自然と共同注意が成立します。

お子さんの視線の先を良く見ながら一緒に遊んであげてください。

詳しくは、【ことばの発達に大切な『共同注意』】の記事で解説していますので、併せてお読みください。

ことばの発達に重要な共同注意:子どもと興味を共有しよう

コツ②:身振り・ジェスチャーをつかって関わろう

『身振り・ジェスチャーでおおげさに表現してあげること』は子どものことばの学習を助けます。

なぜなら、ことばという音声情報に加えて、身振り・ジェスチャーという視覚情報が組み合わさるからです。

子どもたちの中には、ことばに注意を向けることが苦手な子もいます。

ジェスチャーような視覚情報は聞くことが苦手な子どもたちの注意を惹きつけるのに効果的な場合があります。

詳しくは【ことばの発達に重要なジェスチャー・擬音語・擬態語】の記事でも解説していますので、併せてお読みください。

ことばの発達に重要なジェスチャー・擬音語・擬態語

コツ③:擬音語・擬態語で関わろう

擬音語・擬態語をたくさん使った関わりは、ことばの発達に良い影響を与えます。

なぜなら、「ざあざあ」「ごろごろ」「きらきら」「びちゃびちゃ」などの擬音語・擬態語もまた、子どもたちの注意を惹きつけるからです。

さらに、このような音の繰り返しのある擬音語・擬態語は意味が感覚的に分かりやすく、真似しやすいという点で、獲得しやすい語彙のひとつです。

このような擬音語・擬態語(=オノマトペ)を楽しむ教材として、以下のカードをご自身もダウン症をもつ子の母である言語聴覚士の石上先生が考案されています。

楽しみながら『ことばの基礎』を学べるオススメの教材です!

伝えたい気持ちを育てるコツ【アクセルを踏もう】

ことばの発達に『伝えたい気持ちを育むこと』はとても大切です。

その理由を車に例えて解説すると、ガソリン(分かることば)を満タンに入れたとしても、アクセルを踏む力(伝えたい気持ち)がないと動かないからです。

『伝えたい気持ち』を育むためには、「自分の気持ちが相手に伝わった経験」が大切だと思います。

たとえば、「~とって」と伝えたら物を取ってもらえた、「見て見て!」と声をかけたらママが自分を見てくれた、「~いたね」と伝えたら「本当だ!」とママが共感してくれた、これら全てが子どもたちにとっては願いがかなった経験といえます。

お子さんが発信してくれたことに対して、受け止め・返してあげることを繰り返してあげると、「伝えたい気持ち」は育まれていくと思います。

このような関わり・考え方のコツは【会話のキャッチボールで子どものことばを育てる3つのポイント】でも解説していますので、併せてお読みください。

会話のキャッチボールで子どものことばを育てる3つのポイント

まとめ:ことばの発達は3側面に分けて考えよう

言語発達の3側面

ことばの発達を考える時の基本的な考え方をご紹介しました。ここまでをまとめます。

  1. 「言えることば」が育つには、「分かることば」を増やし、「伝えたい気持ち」を育む必要がある。
  2. 「分かることば」は、身振り手振りでおおげさに、擬態語・擬音語をたっぷりと使って関わってあげると成長しやすい。
  3. 「伝えたい気持ち」を育てるために、子どもの発信を受け止め・返してあげよう。

ことばでお話することがまだ難しいお子さんや、ことばは出てきたけどまだ少ないお子さんへは、上記の3つのポイントを意識した関わりをしてみましょう。

また、子どもの発達を促す中で、おもちゃ選びは大切な要素の一つです。

大切なのは『発達の状態に合わせたおもちゃを選ぶこと』です。

そうすることで、親子の楽しいコミュニケーションにつながりやすく、効率的に遊びの中から学習することができます。

発達に合わせたおもちゃ選び:サブスクの紹介

子どもの発達を促すためには、『発達の状態に合ったおもちゃ』を選ぶことも大切です。

なぜなら、子どもたちは楽しい関わりの中で効率的に新しいスキルを学ぶからです。

特に発達がゆっくりな子では『〇歳用』と書かれた年齢を目安としたおもちゃ選びが難しい場合も多いです。

以下では、発達の状態に合わせたおもちゃ選びをサポートしてくれるサブスクを紹介します。

「おもちゃのサブスク」とは、毎月定額料金を支払うことで、定期的に自宅におもちゃを届けてもらうサービスです。

おすすめ①:業界最安のIKUPLE

コスパで選ぶなら圧倒的にIKUPLEがオススメです。

なぜなら、安いだけはなく、おもちゃの内容も高品質豪華だからです。

基本的には実年齢に応じたおもちゃを届けるサービスですが、発達がゆっくりな場合は成長の状態を伝えることで、発達に合わせたおもちゃを提供してくれるとのこと。

以下の関連記事では料金などの詳細情報と口コミを紹介していますので、併せてお読みください。

おすすめ②:特別支援教育プランのあるCha Cha Cha

福祉施設も運営する企業が、国内で唯一の発達がゆっくりな子のための『特別支援教育プラン』を提供しています。

特別支援教育とは、発達がゆっくりな子たち一人ひとりに合った支援を提供するものです。

このプランでは、発達に関するヒヤリングシートをもとに、子どもの発達の状態に合った知育玩具を保育士や教育のプロが選定してくれます。

普段から発達のゆっくりな子に関わっている企業だからこその、専門的な視点からの「遊び方アドバイスシート」も好評です。

発達がゆっくりな子向けの専門的なサービスを受けたい場合Cha Cha Chaで間違いありません!

以下の関連記事では料金などの詳細情報と口コミを紹介していますので、併せてお読みください。


当サイトでは【言葉の発達に大切なこと | 全12記事で解説!言語発達遅滞の支援方法】の記事に、ことばの発達に関する記事をまとめて紹介しています。

ことばの発達の順番に記事を並べていますので、お子さんの発達の状態に合わせてお読みいただけます。

言葉の発達に大切なこと
【言語発達遅滞の支援方法】を読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA