【STが解説】ダウン症をもつお子さんの療育のポイント

ダウン症をもつ子を育てる母親「そろそろ離乳食を始めようと思うんだけど、ダウン症の子の離乳食の発達はどう進むんだろう?ことばの発達も心配だけど、生活の中でどうやって発達を促したらいいのかな?言語聴覚士(ST)からアドバイスをもらってみたいけど、なかなか出会えないし・・・」

こういった疑問やご心配にまとめてこたえていきます。

本記事では、ダウン症をもつお子さんの療育に関して、言語聴覚士(ST)が「ことばの発達」「食べる機能の発達」といった視点から解説します。

それぞれのトピックについては、別の記事で詳しく解説していますので、必要に応じてリンクをクリックしてお読みください。

「ことばの発達」も「食べる機能の発達」も、どちらも個人差の大きいダウン症をもつお子さんたちですが、いずれも着実に成長していきます。

発達の道筋を知っておくことで、見通しが持てて安心感につながったり、適切な支援方法につながるきっかけとなれれば嬉しいです。

目次を確認して頂き、あなたのお子さんに必要なところからお読みください。

この記事を書いた人

私は言語聴覚士として15年以上、ダウン症のお子さんへの療育を担当しています。

Twitter(@hagukumichild)では毎日、ことばや食べる機能の発達についてツイートしているので、併せてごらんいただけると嬉しいです!

ダウン症児のことばの発達・療育

当サイトでは、ことばの発達について5つのポイントに分けて解説しています。

  1. ことばが出るまでの発達
  2. 単語~2語文を育てる関わり
  3. 数の概念を育てる
  4. 発音不明瞭の原因と支援
  5. ひらがな習得の基礎

お子さんの発達の状態に合わせて、必要なところからお読みください。

ダウン症の療育:ことばが出るまでの発達

ダウン症児のことばの発達

ダウン症をもつお子さんのことばの発達は、ゆっくりと進む場合が多いです。

ことばを話し始めるまでの期間が長いため、

「いつになったら話せるようになるのかな?」

「どんな関わりをしてあげたら良いのかな?」

と不安を感じることもあるのではないでしょうか。

ことばが出る前のダウン症をもつお子さんのことばを育てるために、大切にしたいポイントは以下の6つです。

  • 向かい合って遊ぶ
  • 少し大げさにリアクションをする
  • 子どもが興味を持って見ている対象物の名前を言って聞かせる
  • 身振りやジェスチャーをたくさん使って関わる
  • 子どものジェスチャーにことばを添える
  • 擬音語や擬態語をたくさんつかう

それぞれのポイントについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

>>ダウン症児のことばを発達させる6つのポイント

ダウン症児のことばの発達ダウン症児のことばを発達させる6つのポイント

ダウン症の療育:単語~2語文を育てる関わり

「ようやく言葉らしい方言が出てきて良かった。でも、「りんご」だったら「ご」と単語の最後だけを言うことが多い。この先、2語文につなげていくためには、どのような関わりをすれば良いのかな?」

ことばでの表現が出始めたころには、こういった不安や疑問を感じる保護者の方も多いです。

この時期のお子さんのことばの発達に大切なポイントは以下の2つです。

  • 単語の音のイメージを育てる
  • 名詞に加えて動詞などの語いを広げる

単語の音のイメージを育てるためには、擬音語・擬態語が役に立ちます。

また、動詞や形容詞といった語いは名詞よりも抽象的な語彙となるため獲得に苦労するお子さんも多いです。

日常の中で、どのように関わることでことばの発達を促すことができるのか?

こちらの記事で詳しく解説しています。

>>ダウン症児の語いを広げて2語文につなげる

ダウン症児の語いを広げて2語文へつなげる関わり

ダウン症の療育:数の概念を育てる

ダウン症のお子さんたちも、3語文以上を話すようになる頃に、数概念に興味を持ち始めることも多いです。

一般的に、数概念は1から順番にかぞえることを示すことも多いのですが、実際には数えられるだけでは不十分です。

数概念は以下の4つのポイントをおさえる必要があります。

  • 抽象的な思考
  • 1対1の対応
  • 順序数
  • 集合数

少し難しい専門用語が並んで、

「順序数?集合数?なんだそれ?」

と思った方も大丈夫です。

以下の記事で分かりやすく解説しています。

>>数の概念の育ち方・発達(幼児期)-かぞえられるだけが数概念じゃない?-

数の概念の育ち方・発達(幼児期)-かぞえられるだけが数概念じゃない?-

ダウン症の療育:発音不明瞭の原因と支援

ダウン症のお子さんたちでは、発音が不明瞭で聞き取りにくい子が少なくありません。

発音が不明瞭となる原因として以下の4つが代表的です。

  • 聴力障害
  • 顔のつくりの違い
  • 舌運動の未熟さ
  • 認知・言語発達のおくれ

これらの要因がどのように発音に影響を与えているのかを知ることで、お子さんが取り組むべき課題が見えてきます。

日常生活の中で取り組みやすい関わりについても、以下の記事で紹介しています。

>>ダウン症をもつお子さんの発音不明瞭の原因と支援・練習

ダウン症をもつお子さんの発音不明瞭の原因と支援・練習

ダウン症の療育:ひらがな習得の基礎

ダウン症のお子さんでは、ひらがなを習得して読み書きできるようになる子も多いです。

ダウン症に限らず、子どもたちは文字を読めるようになるための土台となる力を幼児期にはぐくんでいきます。

しかし、文字の土台となる力とは、どういった力なのでしょうか?

  • 音韻認識
  • デコーディング
  • 視覚認知
  • 語彙力

この4つの力をそだてていくことで、後の文字学習がスムーズになります。

以下の記事では、それぞれの力について分かりやすく解説した上で、日常の中で取り組める遊びも紹介しています。

>>ひらがな習得に必要な4つの力:ひらがなが読めるようになるまで

【ひらがなが読めない?】音読の習得に必要な4つのポイント:土台となる力を固めよう

ダウン症児の食べる機能の発達・療育

ダウン症の療育:離乳食の進め方

ダウン症をもつ子の母親「ダウン症をもつ子の離乳食っていつから始めるんだろう?一般の育児書どおりに、5~6ヶ月で離乳初期、8ヶ月頃に離乳中期、10ヶ月頃に離乳後期って感じで、月齢をたよりに進めていいの?」

ダウン症のお子さんの離乳食の進め方に関する情報が不足していて、どのように進めてよいのか分からず途方に暮れている方も多いようです。

まずは、「ダウン症児の離乳食の進め方」を読んでいただき、全体のイメージをつかんでください。

ダウン症をもつお子さんは全体的な発達がゆっくりと進むことが多いため、月齢を目安とした離乳食の進め方では、上手くいかないことも多いです。

個人差も大きいですが、最近の研究では運動の発達をひとつの目安として、離乳食を進めることが提案されています。

詳しくは以下の記事で解説していますので、まずはこちらの記事をごらんください。

>>ダウン症児の離乳食の進め方

ダウン症児の離乳食の進め方の目安-いつから?どのように?-:摂食嚥下機能の発達の特徴

ダウン症の療育:離乳食で使いたい椅子

ダウン症児の離乳食で使いたい椅子

「離乳食を食べさせる時につかう椅子がほしいんだけど、どんな椅子を買ったらいいのかな?何を目安に椅子を選んだら良いのかを教えてほしい」

ダウン症をもつお子さんは、運動発達もゆっくりと進む場合が多いです。

そのため、椅子についても、一般的に表示されている月齢を目安にして購入するとうまくいきません。

以下の記事では、運動発達を目安に、おすすめの椅子を紹介しています。

理学療法(PT)をうけている場合には、担当のPTに聞いてみるとお子さんに合った椅子がみつかるかもしれません。

>>ダウン症児が離乳食を食べる時に使用する椅子の選び方

ダウン症児の離乳食で使いたい椅子ダウン症児の離乳食を食べるときに使いたい椅子を紹介:運動発達を目安に考えよう

ダウン症の療育:スプーンやコップなどの食具の使用

ダウン症児におすすめのスプーン

ダウン症のお子さんに、平らなスプーンがオススメ!といわれます。

なぜ、平らなスプーンが良いのでしょうか?

いつまで平らなスプーンを使えばよいのでしょうか?

スプーン選びのポイントを以下の記事で解説しています。

>>ダウン症児におすすめのスプーン

ダウン症児におすすめのスプーンダウン症児の離乳食で使いたい【おすすめのスプーンと離乳食グッツ】

ダウン症のお子さんたちも、成長に伴ってスプーンやコップといった食具を使用できるようになってきます。

スプーンが使用できるようになるためには、以下のポイントをおさえましょう。

  • 手づかみの経験が手先の器用さを育てる
  • スプーンがどのような道具なのかといった認知の発達も大切

それぞれについては、以下の記事で詳しく解説しています。

>>スプーンを使えるようになるまでの発達

【重要】手づかみ食べの3つのメリット:手づかみ食べをしない子への対応は?

さらに、コップについても段階的に練習をしていくことで上手に使えるようになっていきます。

コップのみは以下の順序で練習していくと効率的です。

  1. 離乳食を食べる時に、くちびるをしっかりと閉じて食べられる
  2. 水分をスプーンで1さじずつ飲めるようになる
  3. コップで練習をはじめる

くちびるを閉じた状態を維持できるようにならないと、口の中にふくんだ水分が出てきてしまいます。

まずは、離乳食で口の使い方を練習して、水分は少し遅れて練習を始めていく場合が多いです。

詳しくは以下の記事で解説しています。

>>コップを使って飲めるようになるまでの発達

どうやるの?コップ飲みの練習:離乳食の段階別に解説

ダウン症の療育:離乳食を食べない・拒否するへの対応

ダウン症児が離乳食を食べない原因と対応

「離乳食を始めたけど、あまり食べてくれない。食べることを拒否することもある。なんで食べてくれないんだろう?食べてくれない時にどのように対応したらいいのかを知りたいな」

離乳食がうまく進まず、不安を感じる保護者の方も少なくありません。

しかし、このような問題は成長とともに改善していく場合も多いです。

とはいえ、なにか原因がある場合には対処してあげることで、お互いに楽になるかと思います。

以下の8つのポイントで「食べない」「拒否する」を考えてみてはいかがでしょうか?

  • 離乳食の開始時期を見直す
  • お腹がすいている時間帯にTRYする
  • 食べる機能と離乳食の形態を合わせる
  • 座る姿勢を安定させる
  • 味付けを年齢相応にする
  • 少しずつ固形の食感になれさせる
  • イヤイヤ期に応じた対応をする
  • 大人が食べているモデルを見せる

それぞれのポイントについて、以下の記事で解説しています。

>>離乳食を食べない・拒否する時の対応

ダウン症児が離乳食を食べない原因と対応ダウン症児の離乳食を【食べない】【拒否する】時の原因と対応の仕方

ダウン症の療育:まとめ

以上、ダウン症のお子さんの「ことばの発達」と「食べる機能の発達」についての概要を解説しました。

不安や疑問は解決されたでしょうか?

記事を読んで全て解決!とまではいかなくても、少しの安心感につながったのであれば嬉しく思います。

実際に療育を利用されて、担当の言語聴覚士がサポートしている場合には、疑問点や不安なことを、ぜひきいてみてください。

記事内容について、ご不明な点などございましたら、Twitter(@hagukumichild)では毎日、ことばや食べる機能の発達についてツイートしておりますので、ご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA